小川プロフィール写真 のコピー

代表者
小川 貴央(Yoshiteru ogawa)


主な肩書

株式会社sasquatch 代表
一般社団法人みんとしょ 代表
Kisssh-Kissssssh映画祭 代表
芸術祭WAKAYAMA SALONE 代表
国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ2014 事務局長
新和歌山市民図書館 基本計画策定業務メンバー
芸術を支援する団体 SoA(ソア) 代表
ビブリオバトル関西地区普及員
和歌山県立図書館メディア・アート・ホール コーディネーター
アートユニット 3人兄弟ワークス
メディアアート集団 エアブレーキの一員
他いろいろ

1975年生まれ 和歌山県有田郡湯浅町出身
コンピュータ専門学校卒業後
会社員として自動車ディーラーに勤務

2009年
人と人との化学反応を目的に和歌山市内に文具とカフェの店「スイッチ」をオープンさせる。
アート、デザイン、遊びなどを使用した様々なイベントや企画や団体が多数生まれる場となる。

2013年
加太で会話した知人の言葉「ここで映画を見たら気持ちいいだろうな」がキッカケで、年1度の企画「Kisssh-Kissssssh映画祭」を始める。
Kisssh-Kissssssh映画祭 代表

和歌山市にあるコワーキングスペース「コンセント」の総合プロデュース。

2014年
和歌山県で初めての民間自立型まちづくり会社第1号として、株式会社sasquatchを設立。
元アパートの一室をリノベーションして、事務所兼フリースペースとしてスタートする。

第1回 リノベーションスクール和歌山 サブユニットマスターを務める

滋賀県で開催されている、国際芸術祭BIWAKOビエンナーレの事務局長としての仕事を受けて、滋賀県近江八幡市に約1年間在住する。

第2回 リノベーションスクール和歌山 サブユニットマスターを務める

2015年
滋賀から和歌山にもどり、和歌山も文化財を活用しながら現代アートで楽しい町にするべく、芸術祭WAKAYAMA SALONE2015を開催。

ぶらくり丁商店街で定期的に開催されている「ポポロハスマーケット」のネーミング

和歌山市民図書館 基本計画策定業務メンバー

2016年
一般社団法人みんとしょ設立し理事を務める。
公共施設のあり方や活用方法をワークショップやイベントを通じて市民とともに考えていく。

海南市の商店街で開催されている 「ハタラコモール」 ネーミング/企画

大阪府岬町のまちづくり事業を始める。
住民や都市部の方々とのワークショップやイベントなど様々なコンテンツをつくる

2017年
まちづくりの一環として、様々な人が行き交う新しい事業やライフスタイルが生まれる場「ニシノタナノ・bldg(ビルディング)」をオープンさせる。
和歌山市内にある3階建ての古い空きビルを改修した、シェアオフィスとシェアハウス、飲食店、シェアスタジオ、イベントスペースなどの複合施設

大阪府泉南郡岬町で「ミサキノ酒場」実行委員会をつくり、深日港駅前広場で「ミサキノ酒場」イベントを開催し、大勢のお客さんが岬町に訪れ、魅力を知ってもらう。

和歌山市にあるインテリアショップ &ルーム様のリニューアルに伴い、新たな商品である書籍のディレクションを行う。

その他、メディアアート・現代アート活動やコミュニティ難民として日々を送っている。

趣味
映画・音楽・芸術鑑賞、読書、ゲーマー、晩御飯つくること